光GENJI・男闘呼組・忍者の魅力を伝えていく、ジャニーズ好きのブログです。

Johnny's A GO GO(ジャニーズ・ア・ゴー・ゴー)

美容・健康

ドルツ ジェットウォッシャーを使ってみた口コミ・レビュー

投稿日:2016年8月6日 更新日:

わたしは、歯磨きが苦手です。磨き方が下手なうえに、家でお酒を飲みすぎると、歯を磨かずにそのまま寝てしまうこともある。そのため、虫歯ができては歯医者に行き、虫歯ができては歯医者に行き…という負のループを繰り返しています。

歯並びは綺麗な方ですが、いかんせん奥歯は磨きづらい!そして、銀歯と銀歯の間の歯間に挟まった汚れが取れない!

いい加減、どうにか対策したい!と思い、歯のケアグッズを探していたところ、ドルツ(Doltz)のジェットウォッシャーという商品を知り、レビューを見れば見るほど、これは購入するしかない!と思い購入しました。

今回は、パナソニックのドルツ ジェットウォッシャーを実際に使用してみてわかったメリット・効果・デメリットを書いていきます。

スポンサーリンク

 

ドルツのジェットウォッシャーとは

ドルツ ジェットウォッシャーは、棒の先端から圧力のかかった水が噴射される、歯のオーラルケアアイテムです。

ドルツ ジェットウォッシャー

▲ わたしが購入したのは、600mlの容量をもつタンクが付いたモデル、EW-DJ61-Wです(機種のスペック比較はこの記事の後方に)。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W

ジェットウォッシャーは、先端のノズルから水が勢いよく噴射されるため、歯磨きで磨き残しがありがちな「歯周ポケット」や「歯間」の掃除が可能です。

歯間ブラシや糸ようじは時間がかかる!

この歯周ポケットや歯間の掃除って、歯間ブラシや糸ようじで丁寧に磨いていけば、綺麗にはなるんですよ。ただし、時間がかかる。結局、歯間ブラシや糸ようじでは時間がかかって面倒くさいから掃除をしなくなり、結局、磨き残しが出て虫歯になるんですね。

加えて、歯間ブラシや糸ようじの場合、奥歯と奥歯の手前の歯間の掃除はかなり至難の技ですね。ブラシが入っていかないというか、よく見えないし、無理。親知らずがある場合、なおさらでしょう。

ジェットウォッシャーは痛い?水が跳ねる?

ジェットウォッシャーを使ってみた最初の率直な感想は、思ったよりも痛いのと、水がはねる(笑

わたしの購入したモデルは水の強さを5段階で変えられるのですが、最初から5に設定していたので、歯茎に思いきり当たり、痛かったです。なので、最初に使う時は、水の強さを徐々に上げていくのがいいでしょうね。

また、ちゃんとノズルが歯間に入っているのか見るために、口を開けたまま洗浄したため、洗面台や鏡の周辺に水が跳ねて大変なことになってました。でも、よくよく考えてみれば、このジェットウォッシャーは口を閉じて使う商品なんですよね。一日目は気付かずに使っていたので、洗面台周辺が汚くなってしまいました。

口を閉じ、顔を下に向けて使用すれば、水が跳ねることはほとんどありませんよ。

磨き残しがありがちな奥歯の汚れをスッキリ

このジェットウォッシャー、やはり一番便利だったのが、奥歯です。なによりも、奥歯。

ジェットウォッシャーの水流をマックスにし、奥歯にノズルを突っ込んで色んな方向にジェット洗浄を当てる。もうあらゆる方向から奥歯にジェット水流とバブル水流を流し込めば、磨きにくい奥歯の汚れが取れます。

 

ドルツ ジェットウォッシャーを使ってみて感じるメリット・効果とデメリット

今回、パナソニックのドルツ ジェットウォッシャーを約1ヶ月使用してみましたが、最大のメリット・効果は、歯ブラシや糸ようじでは掃除がしにくい奥歯が綺麗になること。加えて、丁寧に歯磨きをしてスッキリした後さらにジェットウォッシャーで丁寧に掃除することにより、歯磨きでは得られない爽快感を得られることでしょう。

最近は、おやつなどを食べて間食をすることがあれば、食べ終わったとにジェットウォッシャーだけで軽く洗浄することもあります。朝昼晩ならともかく、おやつを食べるたびに毎回歯磨き粉を使って歯ブラシで掃除していては、歯磨き粉がすぐなくなっちゃいますからね。ささっと口の中を掃除したい時にも便利なんです。

一方、ドルツ ジェットウォッシャーのデメリットは、振動音がうるさいことでしょう。深夜まで飲み会があった時の帰宅後には、使うのがはばかられるほどの振動音が鳴ります。深夜に使用できないのは、大きなデメリットですよね。

 

ドルツ ジェットウォッシャーの種類を比較

ドルツ ジェットウォッシャーの種類、およびそれぞれのメリット・デメリットをまとめます。

商品 メリット デメリット
ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-A(充電式) 洗面台スペースの場所をとらない タンク容量130ml(噴射35秒)のため、水の補給頻度が高い
<ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W(交流式) タンクの水が大容量600ml(噴射1分50秒)なのでじっくりと掃除できる 洗面台スペースの場所を取る
ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ10-W(乾電池式) コンパクトに収納できるため、携帯性に優れる 単3乾電池2本で使用時間20分と短い

まず、自宅でジェットウォッシャーを使うのであれば、充電式のDJ51か、交流式のDJ61の二択(わたしの使用しているモデルは後者のDJ61)となります。歯のオーラルケアをするため、じっくりと洗浄をしたいのであれば、やはりタンク容量が大きいDJ61がおすすめです。▼


パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ61-W

タンク容量が小さいDJ51の場合、一度の噴射が最大「35秒」なので、とてもじゃないですが、満足いくまで洗浄しようとすると、10回ぐらい補給しなければなりません。水の補給作業が面倒になると、結局使うのを止めてしまったりしますからね。それでは意味がない。ダイエットなどもそうですが、継続力が大事。継続できる環境を作るために、面倒な要因は一切排除した方がいい。

一方、海外や国内の旅行・出張などで持ち運ぶのであれば、DJ10が候補となります。▼


パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ10-W

 

ジェットウォッシャーを使用してみた感想・口コミまとめ

ジェットウォッシャーを購入してからというもの、朝昼晩問わず頻繁に洗浄することで、口の中の不快感が減りました。

次に歯医者さんに行った時に、どういう評価をしてもらえるか楽しみです。虫歯や口臭などでお悩みの方は、すぐに買っちゃえばいいと思いますよ。価格分の満足度はすぐに取り返せます。むしろ、虫歯の治療の通院費・時間を考えれば、かなり割安なはずです。

-美容・健康

Copyright© Johnny's A GO GO(ジャニーズ・ア・ゴー・ゴー) , 2019 AllRights Reserved.