Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/johnnysagogo/johnnys-a-go-go.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/johnnysagogo/johnnys-a-go-go.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

光GENJI・男闘呼組・忍者の魅力を伝えていく、ジャニーズ好きのブログです。

Johnny's A GO GO(ジャニーズ・ア・ゴー・ゴー)

光GENJI シングル

勇気100%/微笑みをあずけて|光GENJI

投稿日:

「勇気100%」

「勇気100%(ゆうきひゃくパーセント)」は、光GENJIの21枚目のシングル。1993年5月13日発売。発売元はポニーキャニオン。

収録曲

1.勇気100%
(作詞:松井五郎、作曲・編曲:馬飼野康二)

2.微笑みをあずけて
(作詞:松井五郎、作曲・編曲:馬飼野康二)

3.勇気100%
(マイナス・リードヴォーカル・カラオケ)

4.微笑みをあずけて
(マイナス・リードヴォーカル・カラオケ)

解説

オリジナル版は光GENJIおよび光GENJI SUPER5によって歌われ、『忍たま乱太郎』の主題歌として、1993年から2002年まで使用された(TV採用版とCD版ではアレンジが異なる。第44回NHK紅白歌合戦ではCD版が採用された)。ただし、光GENJIの7人で歌っているバージョンはわずか1年ほどで終了し、1994年から2002年までは光GENJI SUPER5(5人編成)の歌唱によるものが使用された(BGMは光GENJI版:TV採用版の流用)。なお、光GENJI、光GENJI SUPER5(共にTV採用版)及びHey! Say! JUMPのバージョンは、シングルやアルバムにフルサイズでは収録されていない。

(Wikipediaより引用)

人気アニメ「忍たま乱太郎」の主題歌。元祖は光GENJIです。その後、Ya-Ya-yah、NYC、Sexy Zone…と、ジャニーズの後輩たちに継がれています。

ただし、「透明感」「疾走感」があるのは、やっぱり光GENJIの「勇気100%」。音がキラキラしていて、曲と歌詞がマッチしている。アイドルオンステージで着ていた紫色の衣装もカッコイイ。

Ya-Ya-yah以降が歌う曲は、曲調が軽すぎるんですよねー、もったいない。これは、「TV番組に出演する前提」で曲が作られているから、(ローラースケートではなく)ダンスに合わせた曲調になってしまう。個人的にはキスマイに歌い継いでほしかったな…。

しかし、最近は某動画サイトで光GENJIの勇気100%が再評価されています。

と同時に、忍たま乱太郎のオープニングでは決して流れることがない、「2番の歌詞」が絶賛されていますね。1番の歌詞は抽象的な表現が多いですが、2番の歌詞は結構具体的なんですよね。

まだ涙だけで終わる ときじゃないだろう

この部分、ググッときますね。1番の歌詞「この世界中の元気 抱きしめながら」よりも、より聴いている人の個々のハートを掴む歌詞です。

何かにチャレンジしようとしている時、くじけそうな時、本当に勇気がもらえる曲です。

「勇気100%」が収録されているCD

「勇気100%」(CDシングル)
HEART'N HEARTS」(CDアルバム)
「SUPER BEST TRY to REMEMBER」(CDアルバム)
「My これ!クション 光GENJI BEST」(CDアルバム)

「微笑みをあずけて」が収録されているCD

「勇気100%」(CDシングル)

-光GENJI シングル

Copyright© Johnny's A GO GO(ジャニーズ・ア・ゴー・ゴー) , 2019 AllRights Reserved.